今回は人気の「赤皮シフォン」の秘密です。

赤皮シフォンケーキ
金沢市打木町の特産「打木赤皮甘栗かぼちゃ」を使ったカボチャケーキができました!
赤皮シフォンケーキには、金沢の伝統野菜(加賀野菜のうち生産量が減少しており、種の保存が必要となっている野菜)の打木赤皮甘栗かぼちゃをつかっています。
果肉に多く含まれるカロチンは、腸内でビタミンAに変化し、目の疲れをいやし、風邪を予防する効果があります。
赤皮かぼちゃ


昭和8年福島県から原種が導入され、打木町の松本佐一郎氏が町民の協力を得て着果性および果色が良いなどの形質を持った系統を選抜しながら品種化したものである。
当時のかぼちゃとしては、甘くて美しいことから関西地方にも栽培が広がり各地で好評を博したが、消費者の嗜好の変化から、需要が減少し、今では金沢でもわずかに栽培されている程度である。


焼き上がり〜♪
皮ごと焼いて冷ましてからミキサーで細かくします。それを小分けして袋に入れて冷凍することにより、年中お客様に提供する事が出来ます。でもなくなることも・・・

赤皮かぼちゃを使った商品は
シフォンケーキ、フワフワケーキ(NEW)、カボチャマドレーヌ、赤皮かぼちゃアイス(夏〜秋)、赤皮かぼちゃロールパン、赤皮かぼちゃ食パン(夏〜秋)、かぼちゃのフリーズドライ、があります。よろしくね!